キャッシング枠って?~借入れ時に知っておきたい基礎知識~

「キャッシング枠っていまいちよく分からない…」
そんなキャッシングに関する疑問を抱えている方って、意外と多くいらっしゃいます。

キャッシング枠とは、クレジットカードを利用して借入れできる額のこと。

意味はシンプルなのですが、ショッピング枠と混ざって紹介されていたり、カードローンのキャッシング枠と混合したりと、正しい知識を得るのは苦労しますよね。

そこで今回、当サイトではキャッシング枠について徹底調査!「キャッシング枠とは?」といった基本的なところから、「キャッシング枠の変更方法」といったところまで詳しく解説していきます。

ここを読んで頂けば、キャッシング枠についての知識はバッチリ。安心して借入れをご利用頂けます。

それでは、さっそく見ていきましょう!

必見!クレジットカードのキャッシング枠とは?

まず、ここではキャッシング枠とは何かということを説明していきます。

と、その前に。キャッシング枠にについて理解をする前に、総利用枠について知っておく必要があります。

総利用枠とは、クレジットカードで使える全ての金額のこと。キャッシング枠も、ショッピング枠も、この総利用額の中に含まれます。

式にすると、キャッシング枠+ショッピング枠=総利用額と表すことができます。

それぞれの枠についてですが、下記の通りです。

キャッシング枠
借入れできる利用限度額のことです。この枠の分だけ、お金を借り入れることができます。

ショッピング枠
ショッピングで利用できる限度額のこと。ここでのショッピングというのは、店頭やネットショッピングでクレジットカードを利用して決済することを指します。

この2つの枠には関係性があります。なんと、キャッシング枠を使うと、ショッピング枠も利用したことになります。

(例)ショッピング枠100万円、キャッシング枠50万円のカードがあった場合

キャッシングを30万円分使用した際、キャッシングは残り20万円使用可能、ショッピングは70万使用可能の枠が残ります。

ショッピングを30万円分使用した際、キャッシングは残り50万円使用可能、ショッピングは70万使用可能の枠が残ります。

このように、キャッシング枠を利用すると、ショッピング枠にも影響が及びます

ここまでで、キャッシング枠については理解頂けましたか?次では、キャッシング枠を変更する際にはどうすればいいのかをご説明していきます。

キャッシング枠を変更したい場合はどうすればいい?

ここまでは、キャッシング枠について説明してきました。ここからは、この枠を変更する際にどうすればよいのかを説明していきます。

増額、減額の2つに分けてご説明していきますので、下へどうぞ!

増額する場合

増額する場合は、当然ながら各カード会社に申し込みをする必要があります。

30万円くらいまでならば、WEBからの申し込みを受けてくれる可能性が高いです。それ以上の増額申請となる場合は、直接電話で問い合わせてみましょう。

30万円以上の増額になる場合は、下記の書類が必要になる可能性がございます。

・源泉徴収票
・所得証明書
・年金証書
・納税通知書etc…

大きな金額を増額する場合は、これらの書類を準備しておきましょう。

減額する場合

キャッシング枠が減額されるのは、借入れ申請額が年収の1/3を超えている場合です。

基本的に、キャッシングは年収の1/3以上借りることはできません。これを総量規制と呼びます。

よって、1/3以上で借入れ額を提出した場合、自動的に減額の措置が取られます。

また、1/3以上で借入額を提出していない場合においても、審査の結果借入額が減額となる場合がございます。その原因としては、利用実績と属性が関係している場合が多いです。

・利用実績
利用実績がまっさらの場合、多くの金額を融資してもOKかの判断が全くつきません。よって、まずは様子見として少額の融資金額に減額される可能性が高くなります

・返済に遅れが見られる、勤続年数が短いなど、属性があまり良くない

しっかり枠通りで申請を行いたい場合は、属性と利用実績を整えてから申し込みされることをおすすめします。

■自分からの申請

自分から申請して、減額の手続きを取ることも可能です。手続き方法は至って簡単。各会社のコールセンターに連絡して、減額の旨を伝えるだけです。

一度減額してしまうと、増額する際に再度審査を受ける必要がありますので、その点は注意しましょう。


このように、申請によって増減額が可能だということをご理解頂けましたか?

次では、このキャッシング枠を使いきってしまった際の復活方法についてお伝えしていきます。

借入れを限度額まで使ってしまった場合はどうすれば良い?

ここでは、「キャッシングが使えなくなった…」そんな方のために枠を復活させる方法についてお伝えしていきます。

まず、キャッシング枠が利用できなくなる理由についてご説明していきます。こちらについては、様々な理由が考えられますが、大きな理由は下記の2つではないでしょうか?

キャッシング枠を使い切っている
⇒この場合、枠を使い切っているため、それ以上にキャッシングすることはできません。引き落とし等で返済を行われない限り、枠は復活しませんので、気をつけましょう。

キャッシングの返済が延滞している
⇒返済の延滞を繰り返していると、カードの利用限度額が減額されます。最悪の場合、キャッシング枠が0円にされてしまう可能性も。

そうなってしまうと、返済や遅延金をコツコツ支払っても、キャッシング枠は復活しません。この場合、全額返金してから再審査をしなければ枠は戻ってこないのです。

しかし、一度返済遅れにより枠を0円にされているので、再審査に通るのはかなり厳しいと考えて頂く方が懸命です。

枠を単純に使い切った場合は、返済すればすぐに枠が復活しますが、延滞の場合は非常に復活させるのは難しいです。

そのカード会社の枠を復活させるより、違うカード会社で申し込んでキャッシングした方が早い場合も。

急いでいる方は、是非検討してみてはいかがでしょうか?

借入れによって住宅ローンの審査に通りにくくなることはある?

最後に、キャッシング枠と住宅ローンの関係性について説明していきます。

「キャッシング枠は住宅ローンに影響を与えるの?」ということを不安に思っている方も多いとは思いますが、実際どうなのでしょうか?

実際、必ずしも影響するわけではありませんが、キャッシング枠が住宅ローンの審査に影響を与えることはあります。

影響を与える場合は、下記の2つがあります。

キャッシングの返済を延滞している
⇒返済遅れなどがあると、信用情報に傷がつき、住宅ローンの審査に通らないことがあります。

キャッシングしただけでは、影響を与えないのでご安心を。返済には特に気をつけましょう。

キャッシング可能なクレジットカードを何枚か所持している
⇒キャッシング枠つきのカードを持っているだけでは、あまり審査に影響はありません。

しかし、キャッシング枠つきのカードを何枚も所持している場合、それが審査にとって不利になる可能性があるようです。

住宅ローンの審査を受ける際には、キャッシング枠を0円に減額しておくことをおすすめします。

このように、場合によってはキャッシング枠が住宅ローンの審査に影響することもあります。審査前には、キャッシング周りのことを綺麗にしてから申し込みましょう。

まとめ

ここまでキャッシングの枠についてご説明してきましたが、いかがでしたか?最後にポイントをおさらいしておきましょう!

■キャッシング枠とは借り入れできる額のこと。総利用枠=キャッシング枠+ショッピング枠
■枠を増額・減額するにはカード会社に連絡。その際、総量規制には注意する。
■キャッシング枠の復活は延滞してしまうと難しいため、他社でキャッシングを検討するのが良い。
■キャッシング枠が住宅ローンの審査に影響を与えることがあるので、返済や枠を0円にするなどの手続きをしてから申し込む

便利なキャッシングですが、枠について理解していないと、本当に必要な時にお金が引き出せないことも。

ここでの内容があなたのキャッシングを助ける支えとなれば幸いです。

関連記事