低金利のカードローンを徹底比較!~お得な7枚も厳選紹介~

たった0.1%の金利差が、大きな利息の差になるカードローン。

低金利のカードローンを選ぶことで利息を抑えられ、よりお得に借り入れすることができるようになります。

ここでは、そんな低金利のカードローンを徹底比較した管理人が選ぶ、本当にお得なカードローンを7枚厳選してランキング形式でまとめました。

さらに、利息をできるだけ抑えながら、完済するポイントなども解説していきます。

それではさっそく、あなたに合った低金利なカードローンを一緒に見つけていきましょう。


本当に使える順:低金利な銀行カードローンランキング

ほとんどの場合、カードローン利用時に適用される金利は最高金利か、最高金利に近い金利。そのため、ここでは、最高金利が低金利な順にカードローンをランキング形式でまとめましたので、ご覧ください。

1三井住友カード ゴールドローンカードレス
最高金利9.2%最低金利3.5%
利用額上限~700万円借入方法口座振込のみ
申込対象満20歳~64歳以下 安定収入のある方(専業主婦、学生は不可)
備考ローンカード不発行タイプの低金利カードローン
2三井住友カード ゴールドローン
最高金利9.8%最低金利3.5%
利用額上限~700万円借入方法CD,ATM,口座振込
申込対象満20歳~64歳以下 安定収入のある方(専業主婦、学生は不可)
備考とても低金利なカードローン
3りそな銀行 りそなプレミアムカードローン
最高金利12.475%最低金利3.5%
利用額上限~800万円借入方法ATM,CD
申込対象満20歳~満59歳 安定収入のある方 (専業主婦、学生は不可)
備考10コースの限度額で金利が決定
りそな銀行の口座が必要
4近畿大阪プレミアムカードローン
最高金利12.475%最低金利3.5%
利用額上限~800万円借入方法ATM,CD
申込対象満20歳~満59歳 安定収入のある方 (専業主婦、学生は不可)
備考10コースの限度額で金利が決定
近畿大阪銀行の口座が必要
5イオン銀行 カードローンBIG
最高金利13.8%最低金利3.8%
利用額上限~800万円 借入方法CD,ATM
申込対象満20歳以上、満65歳未満の方
ご本人または配偶者に安定かつ継続した収入がある方 (非正規雇用者、自営業者、専業主婦は可、学生は不可)
備考イオン銀行の口座が必要
6みずほ銀行カードローン
最高金利14.0%最低金利2.0%
利用額上限~800万円借入方法ATM,電話,WEB
申込対象20歳以上66歳未満、安定収入のある方
備考住宅ローン利用で金利0.5%引き下げ(条件あり)
7三菱東京UFJ銀行 カードローンバンクイック
最高金利14.6%最低金利1.8%
利用額上限~500万円借入方法ATM,銀行
申込対象満20歳以上65歳未満、原則安定収入のある方(専業主婦は可、学生は満20歳以上なら可)
備考学生でも成人なら申込可


このように、一番低金利で借りられるのは三井住友カード ゴールドローンカードレス。ローンカードが発行されないタイプの融資サービスです。毎月決まった金額を借り入れすると決めている場合、最高金利9.2%の低金利で借り入れできるのはメリットが大きいです。

また、上でご紹介してきたカードローンは全て銀行カードローンですので、総量規制の対象外。そのため年収の1/3以上借りて頂くことも可能です。


あなたの状況別おすすめカードローン

この章では、現在のあなたの状況を踏まえて、一番お得に借り入れできるカードローンをご紹介していきます。

年収の1/3以上借入したい場合

「年収300万円。急な出費で120万円借りたいんだけど…」

このように、年収の1/3以上の借り入れをしたい場合は銀行カードローン一択です。その理由は、国の法律で決まっている総量規制より、年収の1/3を超える融資を消費者金融や、信販系の業者は行えないため。しかし、銀行カードローンなら総量規制に縛られず、借入れを行うことが可能です。

即日借入をしたい場合

「今日中に、資金が必要になった。」

そんな場合、一番確実に即日融資を受ける方法は、消費者金融のカードローンを利用すること。消費者金融のカードローンは、カードローンの中でも審査から融資までが速いため、お急ぎの方におすすめです。

また、既に口座を持っている銀行のカードローンを利用することも、即日融資が受けられる可能性が高いです。

一般的に、銀行カードローンは審査から融資まで、時間がかかると言われています。しかし、既に銀行口座を持っている場合は、口座開設にかかる時間を省くことができますので、即日審査を受けることができるのです。

いずれの方法も、できるだけ早いタイミングでカードローンの申し込みをすることがポイント。午前中または昼の早いタイミングで申し込みを完結させると、審査の順番も早く回ってくるため、即日借入できる可能性を上げることができます。

数万円をすぐ返すあてがある場合は、低金利ランキングを見るよりも…。

「来週の金曜日に給料日。でも、財布の中に1000円しか無い…」

こんなとき便利なのは、無利息期間があるカードローン。例えば、プロミスは初回利用の方は30日間無利息で借りることができます。

このように、金利が他と比べて高い場合でも、すぐに返済するあてがあるのであれば、無利息期間のあるカードローンを選ぶことをおすすめします。


1円でも利息を抑えて返済する方法

低金利なカードローンを利用して、利息負担を抑え、できるだけ早めに返済したいですよね。

そこで、この章では、カードローンを無理なく早期返済する方法を2つ、ご紹介していきます。

口座振替で返済の場合は、可能な限り臨時返済を行う

カードローンには、約定返済額(毎月決められた返済額)があります。その約定返済額には、元金(借りたお金)と利息が含まれています。

ここで、約定返済額以上に追加で返済すると、その余分に返済したお金は元金の支払いに充てられます。

つまり、臨時返済を行うと、元金の返済が早くできるということになりますので、早期返済につながるのです。

既に2件以上のローンを利用している場合は、おまとめローンを検討

複数のカードローンを現在利用している方は、今より低金利のカードローンにおまとめすることをおすすめします。

低金利のカードローンにまとめることで、利息の返済額は格段に減ります。さらに、返済日が1日にまとめられるので、支払いスケジュールが立てやすくなるのもメリットです。

以上、低金利カードローンランキングから、カードローンをお得に活用する方法まで詳しく解説してきましたが、いかがでしたか?

当サイトでご紹介した低金利カードローンや知識を、ぜひ有効に活用していってくださいね。