無職のためのキャッシングガイド

仕事をしておらず、収入がない人はキャッシングできません。収入がないと、キャッシングしても、お金を返すあてがありません。無職の人がキャッシングをするには、返済できると判断されることがポイントです。

無職の人が、キャッシングするには、無職の肩書を捨てることが必要です。個人事業主になったり、派遣会社に登録することで、返せるあてがあると、判断される場合があります。また、専業主婦の方は無職となるものの、例外として銀行系キャッシングならば、借りられる場合があります。

このページでは、無職の人がどうしてもお金を借りたいときに、どのような方法があるのかを詳しく解説。無職でもキャッシングできる方法を見つけてみませんか?



必見!無職だけどキャッシングを受けたいあなたへ

キャッシングするには、最低でも2ヵ月以上続けて、お給料や収入を得ていることが必要です。安定かつ継続した収入がない方は、キャッシングをするうえで無職と判断されます。そのため、働き始めて2ヵ月未満の人も、無職だとみなされる場合があります。

基本的に、無職がキャッシングする方法はありません。どうして、キャッシングする方法がないのか、それは収入がないと、お金を返す方法がないことが理由です。キャッシングする方法で最も重要なのは、返す方法があるかどうか。返せるあてがない無職は、キャッシングでお金を借りることはできません。

返済する能力がない人にお金を貸すことは、法律で規制されています。このことを総量規制と言い、消費者金融やクレジットカード会社は、このルールにしたがって融資を行っています。

下記では、総量規制のポイントをまとめているので、まずはごらんください。

  • 貸金業者が対象(金融機関は対象外)
  • 年収の3分の1を超えた新たな貸し付けを規制
  • 定期的な収入の確認が必要

収入がゼロの人は、そもそも貸付条件自体を満たすことができないため、キャッシングに申込む方法がありません。また銀行系キャッシングは、総量規制の対象外となりますが、収入がないと返す方法はないため、やはり無職がキャッシングする方法はありません。

基本的に、返済能力のない無職がキャッシングする方法はありません。逆に言えば、返済能力があると判断されれば、今、無職でもキャッシングする方法はあります。下記では、どのような方法ならば、無職でも借りられる可能性があるのかをまとめてみました。

  • 個人事業主になる方法
  • 派遣会社に登録する方法
  • 専業主婦

まず、個人事業主として申込みする方法を解説します。個人事業主とは、自分自身で事業を営んでいる人のことを言います。特に職種は問われないことや、営業実態が細かく確認されることはないため、可能性はかなり低いものの、実質無職でも審査に通る場合があります。

無職の方が、個人事業主としてキャッシングに申込みする方法は、下記のポイントにご注意ください。

  • 営業実績は2ヵ月以上1年未満で申告
  • 限度額50万円未満で申込みする
  • 仕事について質問された場合、矛盾しないように注意する

営業実績が長いと、前年分の収入が分かる書類が求められる場合があるため、2ヵ月以上1年未満で申告をすることがおすすめです。限度額50万円以上の契約は収入証明書類の提出が必須となるため、できる限り小さな限度額で申込みします。

ただし、営業実績を短く申告したとしても、営業実績が分かる書類を求められることはあります。基本的に、収入証明書類の無い個人事業主が、審査に通る可能性はとても低いので、慎重に考えて申込みすることをおすすめします。


次に、派遣会社に登録する方法を解説します。実際に派遣として勤務実績がなくても、派遣会社に登録されていることが確認できれば、実質無職でも審査に通る場合があります。

無職の方が、派遣としてキャッシングに申込みする方法は、下記のポイントにご注意ください。

  • 大手の派遣会社だと、電話対応してもらえないことがある
  • 派遣先の会社名を確認される場合がある

キャッシングを申込みすると、ほとんどの場合、勤務先に在籍確認の電話が入ります。登録者数の多い大手の派遣会社ですと、個別に対応してもらえないことが多いです。派遣会社の規模を調べ、このような電話が入るかもしれないと、相談しておくと安心です。

キャッシング業者によっては、派遣元ではなく派遣先を確認する場合があります。この場合、派遣会社から派遣されている実績がない場合、審査に通りません。個人事業主になる方法も、派遣会社に登録する方法も、大きく嘘をついてしまうと絶対にバレます。

これらの方法を試す場合は、嘘をつかないように注意することがポイントです。嘘が原因で信用情報にキズを付けてしまうと、無職ではなくなったしても、キャッシングの審査に通りにくくなってしまうため、よく考えてから無職でもキャッシングする方法試してみることをおすすめします。

専業主婦がキャッシングする方法については、次の見出しで詳しく解説しているので、ぜひごらんください。

キャッシングを受ける方法~専業主婦編~

無職のまま、キャッシングする方法はありません。ただし、専業主婦ならば、仕事をしていない無職のままでもキャッシングする方法はあります。無職の専業主婦でもキャッシングする方法、ズバリ、それは銀行系キャッシング。総量規制の影響を受けない、銀行のキャッシング・カードローンならば、専業主婦でもお金が借りられます。

下記では、専業主婦がキャッシングするポイントをまとめているので、まずはごらんください。

  • 専業主婦可と明記のある金融機関を選ぶ
  • 借りられる金額は、最高で50万円まで
  • パート収入があれば、幅広く選べる

配偶者に安定継続収入があれば、無職の専業主婦でもキャッシングできる場合があります。ただし、2017年からメガバンクや大手銀行は、表立って専業主婦への貸し付けを受付してはいません。申込みをしてみると、無職の専業主婦でも審査に通る場合はあるものの、審査通過の実績は少なくなってきています。

しかし、地方銀行やネット銀行ならば、まだ専業主婦からの申込みを受付している場合があります。基本的には、専業主婦も申込み可能と、申込条件に明記されていれば、問題なく申込みできます。ネット銀行系ですと、楽天銀行やイオン銀行などが、専業主婦可能と明記されているので、検討してみてはいかがでしょうか。

借りられる金額は10万円から30万円、最高でも50万円までが目安です。配偶者の収入をもとにお金を借りるため、場合によっては、配偶者(夫・妻)の同意や所得証明書類が必要になる場合があります。ただし、キャッシングに申込みをしても、配偶者に勝手に連絡をされることはないので安心してください。

また、自分自身に少しでもパート収入があれば、無職とはならず、アコムやプロミスなど、消費者金融系キャッシングにも申込みできます。月に数万円でも収入があれば、年収の3分の1の金額まで借りられます。もちろん、銀行系キャッシングに申込みすることも可能です。

下記では。主婦がキャッシングする際のポイントをまとめているので、ぜひお役立てください。

  • 配偶者がパート・アルバイトの場合は不可
  • 配偶者の勤務先は確認されない
  • 配偶者に確認の電話ははいらない
  • 自分自身の名義で契約可能

無職の専業主婦(夫)がキャッシングをする場合、配偶者に安定継続収入が必要です。そのため配偶者が正社員ではない場合、審査には通りません。無職でも専業主婦ならば、自分自身の名義でキャッシングに契約できます。そのため、キャッシングに申込みしたからといって、配偶者の信用情報にキズがついてしまうことはないので安心してください。

無職OKの宣伝文句には注意!

先の見出しでお話をしたとおり、専業主婦以外の人が、無職のままキャッシングする方法はありません。しかし、ときどき無職OK・無職融資OK、無職でも即融資などの、キャッシング業者の宣伝を見かけることがあります。無職でもキャッシングできるのかと気になりますが、このような、無職OKといった宣伝文句には注意が必要です。

正規の貸金業者は、貸金業法に基づき総量規制の範囲内で貸し付けを行っています。残念ながら、無職の人は総量規制の影響を受けるため、消費者金融やクレジットカード会社でお金を借りることはできません。また、貸金業を営むには、貸金業者として届け出が必要です。このルールに反して、無職に貸し付けを行うような業者は、正規の業者ではありません。

そのため、本来ならば借りられない無職でもOKと宣伝している業者は、詐欺や闇金の可能性がとても高くなります。下記では、どのような被害を受ける可能性があるのかを、例としてまとめてみたので、ぜひごらんください。

  • 手数料を先に振込すれば、無職でも融資OKと聞いたのに、融資されない
  • 法外な利息を請求され、悪質な取立てに悩まされることになってしまった
  • 担保として渡したクレジットカードを悪用されてしまった
  • 保険証や預金通帳など、本人確認用の書類を悪用されてしまった

無職でもOKと宣伝をしている悪徳業者に騙されてしまうと、キャッシングできないだけでなく、上記のような詐欺被害にあってしまう場合があります。中には、自宅や職場にまで、恐喝まがいの取り立てをされてしまうケースも。無職でもOKだと、甘い言葉にまどわされてしまうと、後になって取り返しのつかないトラブルに巻き込まれてしまいます。

特に手数料を先に支払いすれば、無職でも借入OKという詐欺や、無職融資OKという条件をエサに、クレジットカードや保険証などをだまし取る詐欺はとても多いです。無職でもOKと広告しているキャッシング業者は安全ではありません。この他にも、クレジットカードのショッピング枠を使って、現金が作れる現金化などにも注意が必要です。




関連記事