クレジットカードのキャッシング~仕組みや金利、返済について~

「結婚式が重なって今すぐに現金が必要」「ついつい買い物をしすぎて月末の料金支払い分の現金が足りない」など、急に現金が必要になることってありますよね。

そんな時、非常に頼りになるサービスがクレジットカードによるキャッシングです!

便利なクレジットカードのキャッシングですが、その内容や利用方法について知っている人は意外と少ないです。

そこで、クレジットカードキャッシングに関しての理解を深めてもらうために、利用方法や返済方法、審査から利用までにかかる時間などをまとめてご紹介。どこよりも正確な情報を載せるために、徹底的に調査しました。

こちらを読めばクレジットカードキャッシングの基礎知識はバッチリなので、安心してキャッシングを利用できます。

それでは、安心・納得してキャッシングを利用するために、その仕組みから理解していきましょう!

必見!!クレジットカードのキャッシング機能とは?

キャッシングとは、一般的にはクレジットカードに付帯している現金の借入ができる機能です。

以下では、クレジットカードにおけるショッピング機能とキャッシング機能の違いや キャッシングの利用方法、メリット・デメリットをお話ししていきます。


ショッピング機能とキャッシング機能


クレジットカードには、「ショッピング」と「キャッシング」という、大きく分けて2つの機能が存在します。

ショッピング機能
ショッピング機能とは、商品やサービスを購入する際、クレジットカードを使用することで現金を支払うことなく決済できるサービスです。

クレジットカード発行会社が一時的に代金を立て替え、次回請求日にまとめて代金を請求する仕組みになっています。 これが、普段の買い物で使っているようなクレジットカードの一般的な機能です。

キャッシング機能
キャッシング機能とは、クレジットカードを利用して「お金を借りる」サービスです。ショッピング機能のような代金の立て替えではなく、現金の借入になるので利息が発生します。

キャッシング機能を付加するかどうかは、クレジットカード申し込み時だけでなく、クレジットカード発行後にも選択できます。


クレジットカードによるキャッシングの利用方法


キャッシングは、ATM(銀行・コンビニATMなど)で現金を引き出すのと同じように 利用することができます。 通常と異なる点は、キャッシュカードではなく、クレジットカードを使用するという点のみです。

以下が簡単な利用手順になります。

※注意  
利用する前にクレジットカードのブランド(VISA、Master、JCBなど)を 確認してください。ブランドロゴがあるATMであればどこでも利用可能です。

◆クレジットカードキャッシングの利用手順

①ATMの「お引き出し」を選択   
  ↓
②次の画面で「お借り入れ」を選択
  ↓
③返済方法を選択(一括 or リボ)
  ↓
④最後に金額を入力し現金を受取り

上記のような手順で、キャッシングは簡単に利用可能です。 クレジットカード発行時の審査や返済方法に関しては後述します。


メリット・デメリット

キャッシングの機能や利用方法についてご紹介しました。 それでは、最後にキャッシング利用における特徴や注意点に関して説明します。

メリット
急にお金が必要になったときに便利
キャッシング機能が付いたクレジットカードがあれば利用可能で、24時間365日、 ATMに行けば現金を引き出すことができます。だからこそ、特に急ぎの場面には とても頼りになる機能です。

海外でも利用可能
海外旅行で、「現金を盗られた」、「現金を使い切ってしまった」という場合にも、ATMにて現地の通貨で引き出し可能です。また、両替手数料は一切かかりません。

したがって、両替手数料よりキャッシング利息の方が安いケースも多く、日本円を両替するよりもお得に現地通貨を手に入れられることもあります。よく海外旅行をされる方にとって、あれば助かる機能になること間違いなしです。

デメリット
・ATMにて簡単に引き出せるが故に、借金という意識が薄れがち
キャッシングは飽くまで借金です。常に借金をしていることを忘れずに返済計画を立てて利用することが大切です。


キャッシングの金利を徹底比較!!

前述の通り、クレジットカードのキャッシングでは金利がかかります。金利によって返す金額が決まるので、金利がどのくらいの数値なのかは気になりますよね。

ここでは、キャッシングの金利と利息の違いや仕組み、クレジットカードのキャッシングや銀行カードローンなど、借入種類別の金利を見ていきましょう。


「金利」と「利息」の違い・計算方法

意外と知られていない金利と利息の違いですが、クレジットカードのキャッシングをする際には必要な知識です。意味の違いは以下の通りです。

金利…1年間お金を借りたときに発生する利息の割合

利息…お金を借りている期間に関わらず、お金を借りることに対する対価と
   して支払うお金

続いて、利息の計算方法をご説明します。先ほど、金利は「1年間お金を借りたときに発生する利息の割合」だとお伝えしました。クレジットカードのキャッシングをする際に、1年後ピッタリで返済する方は少ないかと思います。

したがって、クレジットカードのキャッシングを利用してから返済までの日数に応じて利息の計算をしなければいけません。利息の計算方法は以下の通りです。

借りた金額×金利÷365日×借りていた日数=借りていた日数分の利息

例)金利18%、3万円を借りて、5日後に一括で返済した場合
  3万円×18.0%÷365日×5日=73.97円≒73円
  73円が利息となります。(利息は切り捨てで計算します)


借入種類別の金利を比較!!

ここまで金利の計算方法をご紹介しましたが、クレジットカードによって金利の違いはあるのでしょうか? そこで、気になるクレジットカードによるキャッシングの金利を徹底調査しました。以下の表をご参考ください。

◆100万円以下の借入時の金利比較

借入の種類
企業名・種類名
金利



クレジットカード
キャッシング
三井住友VISAカード
18.0%
楽天カード
18.0%
ライフカード
18.0%
エポスカード
18.0%
JCB一般カード
15.0~18.0%



銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
14.5%
三菱東京UFJ銀行バンクイック
14.6%
みずほ銀行カードローン
14.0%
楽天銀行スーパーローン
14.5%



消費者金融
アコム
18.0%
アイフル
18.0%
プロミス
17.8%
モビット
18.0%

※1銀行カードローンとは、銀行が発行する専用のカードを使ってATMやCDからお金を借りられるサービス。

上記の表からわかるように、クレジットカードによるキャッシングの金利は高く、消費者金融の金利と同程度です。そして、銀行カードローンの金利が最も低いという結果になりました。

クレジットカードのグレードやキャッシング枠によりますが、一般的なクレジットカードでキャッシングを利用する場合、100万円以下の借入れであれば基本的に年利18%で統一されています。つまり、一般的なクレジットカードではキャッシング利用での金利の差はありません。

したがって、クレジットカードによるキャッシングの利用は海外旅行に行く際や急にまとまったお金が必要になる場合に限った方が賢明です。


返済の仕組みとは?

金利に関して理解できたところで、実際にクレジットカードのキャッシングを利用する際の返済方法は、どのようなものがあるのか見ていきましょう!


返済する日は決まっているのか?

基本的にクレジットカードの引き落とし日(クレジットカードを使った代金が口座から支払われる日)に返済するのが一般的です。ただ、コンビニや銀行ATMで返済できるクレジットカードもあり、こちらの方がお得に活用できます。

というのも、クレジットカードによるキャッシングの返済金額には、日割りで利息が追加されていきます。クレジットカードの引き落とし日しか返済日がなければ、その日数分キャッシングの利息がかさんでしまいます。

キャッシング機能付きのクレジットカードを選ぶときは、自分のタイミングで返済できるクレジットカードを選ぶようにしましょう!


返済方法

クレジットカードのキャッシングにおける返済方法は、主に一括返済とリボ払いの2種類あります。

一括返済
キャッシングで借りた金額と利息を一括して支払う方法です。 一括して支払うので利息の支払いが1回のみで済みます。しかし、返済できるだけのまとまったお金が無いと利用できません。

リボ払い
キャッシング利用残高に応じて毎月定額+利息を支払う方法です 手元にまとまったお金がなくても返済できるので、着実に自分のペースで返済が可能です。しかし、毎回の返済時に利息の支払いもあるので、キャッシング利用後の返済期間が長くなると利息の支払額が増えていきます。

このように、利息が倍以上変わることもあるので、まとまったお金ができたらすぐにクレジットカードのキャッシングの返済に当てるようにしましょう。

クレジットカードの審査に通るには?

金利や返済方法を理解したところで、キャッシング機能付きクレジットカードを発行する際の審査に関してご説明します。内容や審査に引っかかる要因を詳しく解説します。


キャッシング枠の審査内容

①個人信用情報で過去の事故歴や現在の借入状況返済状況を審査
信用情報機関から個人信用情報を照会し、過去に金融事故がないか、現在の借入状況はどの程度か、支払状況はどうかなどを審査します。 金融事故とは、ローンやクレジットカードのキャッシング等の支払いが通常通り終わらず、問題が発生することです。長期延滞や債務整理など、1度記録されると1~5年は消えません。

②勤務先、勤続年数、年収をスコアリング
個人信用情報で問題がなければ、申込者の勤務先、勤続年数、年収を点数化して融資可否、貸出限度額を審査します。場合によっては、クレジットカードのキャッシング枠を申請時に希望していた金額から減額されることもあります。


クレジットカードの審査に落ちるのはどのような人?

信用情報に金融事故情報が記録されている
金融事故を起こすと、信用情報機関にその事実が登録されます。金融事故の情報が、登録されているだけで、審査を打ち切ってその申込者とは契約しないという会社が多いので注意が必要です。

②他社からの借入金額が多い
貸金業法によって、他社との合計で年収の3分の1を超えるキャッシングを行うことはできません(総量規制)。

この法律に基づき、すでに年収の3分の1以上借入がある場合、クレジットカードのキャッシング枠への申し込みができなくなります。当然、どの会社でもクレジットカードのキャッシング利用は不可能です。

③安定した収入がない
クレジットカードのキャッシングは安定した収入がないと申し込みができません。その定義は各社によりますが、月1回以上安定した収入がある方がクレジットカードのキャッシング枠審査に通りやすいです。

以上の点に問題がなければ、クレジットカードによるキャッシングの審査に落ちることはないので安心してください。逆に当てはまる項目が多かった方はできるだけ審査基準の低いクレジットカードを選んだ方が良いでしょう。


まとめ

クレジットカードのキャッシングに関して、その特徴や金利、返済方法、審査を詳しくご紹介してきました。

クレジットカードのキャッシングは、いざというときに非常に便利なサービスです。しかし、金利が低くないことや、簡単に利用できるので借金しているという意識が薄くなってしまうといったデメリットも存在します。

ただ、当ページの内容を頭に入れておけばクレジットカードによるキャッシングの基礎知識はバッチリです。

クレジットカードのキャッシングを利用する際は、このページでお伝えしたことを意識ながら賢く利用しましょう!クレジットカードのキャッシングに関して、その特徴や金利、返済方法、審査を詳しくご紹介してきました。


関連記事