これで大丈夫!キャッシングの返済


キャッシングの返済についての知識、あなたは完璧ですか?

キャッシングを利用したはいいものの、返済に関する疑問やトラブルを抱えている方は意外と多くいらっしゃいます。

しかし、返済についての理解が浅いままキャッシングを利用すると、利息の面で損をしたり、口座の残高が足りないのに引き落とし日を迎えたり…最悪の場合ブラックリストに載ってしまう場合も!

そんな事態は絶対に避けたいですよね。

そこで今回は、金融機関のキャッシング返済について徹底的に調べ尽くした私が、キャッシングの返済方法支払い方法の違い延滞してしまったときの対処法についてご紹介します。

これを読んで正しい知識さえ身につければ、もうあなたがキャッシングの返済で心配することはなくなるでしょう! それでは、順番に説明していきます。

ここがポイント!キャッシングの返済方法


大きな買い物、海外旅行、それに冠婚葬祭など、急な出費は誰の日常にもつきものではないでしょうか。そんな時、お金を借りることができる便利なサービス。それが「キャッシング」です。

この見出しではそんなキャッシングの、利用後の返済方法について説明します。

キャッシングのサービスを行っている会社は大きく分けて下記の3つです。

・クレジットカード会社 (JCBカード、アコムACマスターカードなど)
・消費者金融 (アコム、アイフル、モビットなど)
・大手銀行 (新生銀行、三井住友銀行など)


この内、消費者金融と大手銀行が行っているキャッシングは、カードローンとも言います。

ところで、カードローンとキャッシングは、かつて、返済における支払い方法で区分されていました。しかし、現在はカードローンとキャッシングどちらの場合であっても、「一括払い」「分割払い」を自由に選択できます。

つまり、キャッシングとカードローンの区別は曖昧になっている現状があるのですが、このページでは、上記3種類の金融機関からお金を借りた場合のすべてのパターンをキャッシングと呼ぶことにします。

キャッシングを利用して借りたお金は、返済する際にそのままの金額を返せばいいというわけではありません。

どの金融機関を利用したとしても、キャッシングには必ず金利手数料、つまり、利息が発生します。

なので、キャッシングの返済をするときあなたは、キャッシングサービスを利用して借りた代金と、発生した金利手数料を合わせた額を金融機関に支払わなければなりません 。

具体的な支払方法としては、下記の2点です。

・金融機関ごとに定められた引き落とし日に口座から自動引き落とし
・コンビニや銀行ATMに振り込む

それぞれキャッシングを返済する方法について注意点があるので順番に見ていきましょう。

金融機関ごとに定められた引き落とし日に口座から自動引き落とし

キャッシングの返済の基本はこの方法によって行われます。

金融機関によって引き落とし日は異なっているので、必ずキャッシングを利用した会社の引き落とし日を確認し、メモを取るなどしてくれぐれもお忘れないように。

引き落とし日に口座の残高が足りず、無意識のうちに延滞してしまうなどといった事態は絶対に避けましょう。

このページの3つ目の見出しで延滞してしまった場合の対処法を解説するので、万が一延滞してしまった方はそちらのチェックを!


コンビニや銀行ATMに振り込む

ほとんどの金融機関はこの方法で返済することも可能です。

ただし、金融機関によっては、返済する数日前に連絡する必要があるので、こちらも必ずキャッシングを利用した金融機関の公式サイト等でチェックをお忘れなく。

また、ボーナスや節約によって手元に金銭的な余裕が発生したときは、

「繰り上げ返済」をすることを強くおすすめします! 「繰り上げ返済」とは、月々決められた引き落とし金額より多く、返済を行うことです。 繰り上げ返済を行うことは、早く返済額を減らすことと、返済の残金が減ることによって、利息も減ることの2つのメリットに繋がります。

このように、繰り上げ返済は利点ばかりです。お金が余ったときは、是非行うことを考えてみてはいかがですか?

もちろん、固定された月々の返済額を上げることも同様におすすめです。その場合にも、同じように残金の消化のスピードアップと利息の低下が生じるからです。

キャッシングの返済は、このように最初のプランより早く低コストで完了させる方法があることを頭の隅に置いておきましょう。

これらの早期返済はいずれも金融機関への事前連絡が必要な場合がほとんどです。生活に支障が出ないよう、無理のない範囲で必要に応じて行うことをおすすめします!

キャッシングの返済方法の概要は以上になります。次の見出しでは、「リボ払い」などの支払い方法の違いについて説明するので、一緒に見ていきましょう。

キャッシングの支払い方法を徹底解説!リボ払いとは?


最近、キャッシングの返済時に「リボ払い」を選択する人が増えています。

欧米では一般的な支払い方式としてよく使われる「リボ払い」。聞いたことはあるのだけど、「分割払い」や「一括払い」と違って名称から意味を想像しにくいので、どんな支払い方法か分からないという方は、意外と多いのではないでしょうか。

リボ払いは、毎月固定した一定額の金額を支払うことで返済する支払い方法です。分割払いとの違いは後述していきますね。

例えばあなたがキャッシングを利用して、10万円を借りたとしましょう。

リボ払いで月々の支払額を「3万円」と設定した場合、あなたは毎月3万円とそれぞれの利息を払い、4ヶ月目に残りの1万円と利息を払って完済することになります。
→ 3万円×3回+1万円×1回=10万円

上記の例では3万円としましたが、月々3万円の返済の負担は重いのであれば、もちろん1万円や2万円などを選択しても構いません。

他にも、返済途中にさらにお金が必要になる場合も考えられますよね。

そんな時、数万円の追加融資をキャッシングしたとしても、月々の支払額は最初に設定した額のままで、返済する月が増えるだけというのが、リボ払いの特徴になります。

リボ払いを選択するメリットは、毎月の支払いを一定の額に抑えられること。大きな金額をキャッシングしたとしても毎月少しずつ、地道に返済できるという点です。

しかし、このように一見便利なリボ払いですが、大きなデメリットがあるのです。

リボ払いは基本的に毎月の返済額が、分割払いに比べて低額なので、返済期間が長期化しがちな上、追加融資を受けた場合は債務の残りがどれだけか分かりにくくなってしまいます。

さらに、低額かつ一定額で引き落とされるリボ払いは、返済にかかる毎月の負担が小さいので借金しているという意識が薄れやすいのです。

中には残りの支払い月数から目をそらし、次々とキャッシングを繰り返してしまう負のスパイラルにハマってしまう人も…!

加えて、リボ払いの利息は、キャッシング先の会社によりますが、大体の相場が15~18%となっています。

これを毎月払うということは、利息分でもかなりの重荷になることが想像できませんか?

なので、毎月しっかりと返済をしていてもプランによってはキャッシングした元金がなかなか減らず、毎月の支払額が利息分のみになってしまっているというケースも有り得ます。

ここで強調したいことは、キャッシングの返済でリボ払いを選択するなら、計画的な借入と返済が絶対条件!ということです。

月々の支払いを最小限に抑えることができるので、リボ払いは非常に便利な支払い方法ではあります。

しかし、上記で述べてきたようにリボ払いには、返済期間の長期化利息の肥大化といったデメリットが有ることを忘れないようにしましょう!

参考までに一括払いと分割払いについてもまとめておきます。


一括払い

一括払いはキャッシングで借り入れた金額を翌月に全額返済する支払い方法です。これは、高額融資のカードローンではなく、少額融資のクレジットカードを使ったキャッシングに由来があります。

なので、一括払いは現在でもクレカのキャッシングでより多く選択されている支払い方法です。

一括払いは発生する金利手数料が低いので、翌月にまとめて返済できる見込みがある場合は極力一括払いを選択しましょう。


分割払い

分割払いは、キャッシングの総額の支払い回数を指定して、返済する支払い方法。リボ払いと、ひと月の支払額を分割する点では同じです。

両者の違いは、分割払いは支払額を「何回に分割」して払うかを指定し、リボ払いは支払額を「いくらずつに分割」して払うかを指定する点にあります。

文章では分かりにくいかと思われるので、実際に簡単な数字を出して説明します。

例えばあなたがキャッシングを利用して、10万円を借りたとしましょう。

・上記でも述べたように、リボ払いで月々の支払額を「3万円」と設定した場合、あなたは毎月3万円とそれぞれの利息を払い、4ヶ月目に残りの1万円と利息を払って完済することになります。
→ 3万円×3回+1万円×1回=10万円

・一方、分割払いで「2回払い」を指定した場合、あなたは毎月5万円とそれぞれの利息を払い、2ヶ月で完済することになります。
→ 2回×5万円=10万円

分割回数を多くするほど、リボ払い同様金利手数料は多く発生し、返済期間も長くなるので注意しましょう。

筆者は出来る限りキャッシングは一括で返済するか、分割するとしても早期返済プランを組むことをおすすめします。

それでも長期的なリボ払いでしか返済の目処が立たない場合は、常にキャッシングという名の借金をしているということを念頭に置き、延滞の無いように毎月確認を怠らないようにしましょう。

キャッシングの返済における支払い方法の説明は以上となります。それぞれの違いとメリット・デメリットはご理解頂けましたか?

次の見出しでは、キャッシングの延滞について説明していきます。一緒に見ていきましょう。

返済が間に合わず万が一延滞してしまったら・・・


どれだけ気をつけていても、確認をしていても、人間誰にだってミスはありますよね。

ここでは万が一キャッシングを延滞してしまったとき、もしくは延滞してしまいそうだと気づいたときに取るべき行動について説明していきます。

キャッシングの返済の延滞に気づいたときに、多くの方がまず感じるのは焦りだと思います。

「職場にバレたら…」「ブラックリストに載ったら…」

ご心配なく!あなたがキャッシングの返済を延滞したのが、1回目であり、早期に延滞に気づいた場合、これらの心配はご無用です。

キャッシングの延滞に、もしくは延滞しそうなことに気づいた時点でキャッシング先の金融機関に連絡をしましょう。

早く連絡することによって、キャッシング先の金融機関に、返済の意志があることを伝えることが大事になります。

コールセンターへの電話や窓口へ相談するなどをして、早急に遅れたことを伝えましょう。

延滞は何回までセーフかというのは、銀行と消費者金融によっても違いますし、各社の「猶予」によるところが大きいので、明確に何回までとは明言できません。それでも、短期間に2回以上は、絶対に避けましょう。

クレジットカードのキャッシングの場合は、3回目の延滞発生で利用停止、最悪はカードの回収や会員資格の取り消しになるようです。

また、延滞をした場合はすぐに、遅延損害金が発生します。遅延損害金は、別名「遅延利息」とも言います。

遅延損害金の金利は会社によって様々ですが、おおよそ14~20%です。これに延滞した日数とキャッシング借入残高を掛けて、365で割った金額が遅延損害金になります。

実際の計算例を1つ載せておきます。

・借入残高50万円
・遅延損害金利率20%
・延滞日数30日


上記の条件の場合、
50万円×20%×30日÷365日=約8219円

このように、延滞は金銭的な負担も大きくしてしまうことをお忘れないように!


キャッシングの返済を延滞してしまった際の事故情報、つまりはブラックリストに載ってしまう行為は一般的に以下のとおりです。
・カード会社に無断で延滞を繰り返してしまう。
・61日以内の延滞を2〜3回以上繰り返してしまう。
・62日以上の長期延滞


62日以上キャッシングの返済を延滞すると、「長期間の延滞」とみなされ、一発で事故情報として扱われてしまうので絶対に避けましょう。

長期的な延滞や、複数回の延滞によって、完全な事故情報と認定されてしまった場合は、5年間はそのデータが残ると思った方が良いです。

事故情報と見なされると、それまでにキャッシング先の金融機関から督促が何度か行われているのに支払わなかった、「要注意人物」としてブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載った人物の身には下記のようなことが起こります。

・他社からの借入状況をチェックされて、多重債務者でないかどうか確認される。
・信用情報機関のネットワークによって事故情報は他社にもすぐに流れる。
・事故情報が共有された会社では新規キャッシングもできなくなる。
・お金を借りるアテがほとんどなくなったところに一括返済を要求される。

このような事態に陥るまで、返済の催促を無視するのはよっぽどの事情がない限り起こり得ないでしょう。

しかし、万が一なってしまえば、人生設計に多大な影響を及ぼしてしまうと言っても過言ではありません。

キャッシングの返済を延滞したときは、なるべく早く連絡し、返済の意思を伝えることが大切で、早期連絡が信用情報を守るということになります。

キャッシングの返済の延滞についての内容は以上となります。

では最後にここまでの内容をまとめます。

まとめ


各見出しで説明したポイントは以下の通りです。

キャッシングの返済方法
・返済方法には自動引き落としと直接振り込みがある。

キャッシング返済の支払い方法
・リボ払いのメリットは毎月の支払額を一定額にできることだが、返済期間の長期化や利息の肥大化といったデメリットもある。

キャッシングの返済の延滞
・延滞したら迅速な連絡で返済の意思を伝えることが大切。

自分の給与以上のお金を使えるので、キャッシングは非常に便利なサービスです。だからこそ、キャッシングを利用する上では、以上のことに注意して、確実な返済を心がけましょう!

関連記事