生命保険の契約者貸付制度とカードローンの比較

手持ちや貯金はそんなに無いけど、どうしてもまとまったお金が必要になる時はありませんか?

そんな時思いつくのは金融機関からのカードローンや親、友達からの借入ですよね。

しかし今回はそこに新たな選択肢を提案します。生命保険の契約者貸付制度です。

あまり聞きなじみのない言葉かもしれませんが、この契約者貸付制度とはいったいどのようなものなのか、そして一般的なカードローンと何が違うのかについて解説します。


契約者貸付制度とは

契約者貸付制度とは、基本的に積立型生命保険に加入している方が対象となる制度です。個人が現在生命保険で積み立てているお金、その一部を保険会社から借入れることが可能になります。

積み立てている金額全てが借りられるのか?というと少し違います。そちらに関しては以下の通りとなります。

契約で決められている保険の解約返戻金のうち、貸付ができる金額は解約返戻金の70%~90%とされることが多いですが、実際にいくらできるのかは各保険会社によって変わってくるので利用する際は確認しておきましょう。
引用元:医療保険おすすめ.com

残念ながら全額とまではいきませんが、かなり高い割合で借りることが可能です。

また、先に述べた積立型とは、終身保険、養老保険、個人年金保険などが対象になりますが、実際に自身の加入している保険が契約者貸付制度に該当するかどうかは各保険会社によって異なるのでご確認ください。


カードローンとの違いは

カードローンとは銀行や消費者金融機関などから無担保でお金を借りることができる制度であり、返済は各会社にもよりますが一般的には分割で返済することが多いです。

また、資金に余裕がある場合は約定金額よりも多めに支払うことも可能です。

カードローンは大手銀行、地方銀行、信用金庫、消費者金融、信販会社などがサービスを提供しており、それぞれ審査に通ることができればお金を借りることができます。

この審査に関しては各会社ごとに基準が違ってくるのでご注意ください。

人によっては過去の返済履歴などから審査に通らないということもあるので、不安のある方はまずは自分の借入歴について電話か窓口で相談すると良いでしょう。


契約者貸付制度とカードローンのメリットについて

では、ここで契約者貸付制度とカードローン両者のメリットについて見ていきましょう。

それぞれ良い点がたくさんあるので、そのメリットが自分のメリットであるかどうか確認してください。


契約者貸付制度の3つのメリット

契約者貸付制度では主に3つのメリットが考えられます。「金利」「審査」「安心」というこの3つが具体的にどうメリットとなるのか解説します。


金利が低い

まず初めに契約者貸付制度のメリットですが、カードローンよりはるかに金利が低いことが挙げられます。

表で確認してみましょう。

契約者貸付制度 カードローン
保険会社 金利 銀行・消費者金融 金利
第一生命 3~5.75% 三菱東京UFJ銀行 1.8~14.6%
日本生命 3~5.75% 三井住友銀行 4~14.5%
明治安田生命 2.15~5.75% みずほ銀行 2~14%
太陽生命 3~5.75% りそな銀行 3.5~12.475%
朝日生命 2.5~5.75% 新生銀行 4.5~18%
アフラック 2.75~4% アコム 3~18%
かんぽ生命 2.25~6% プロミス 4.5~17.8%
ジブラルタ生命 1.12~5% アイフル 4.5~18%
ソニー生命 2.5~8% モビット 3~18%
銀行の方が最低利率が低いように見えますが、基本的にカードローンで適用される金利は最大金利の方が多いです。また、利用者に対する審査や借入金額でも金利の部分は変わってきますが、それらを加味しても最大金利が適用になるケースが多いです。

そう考えると、保険会社の金利は最大でも5%前後のものが多く、金利が低いといえます。


審査が無い

次に契約者貸付制度には借入の際の「審査」がありません。なぜかというと、そもそも生命保険に入る段階で審査をされているからです。

また、本来生命保険の役割を考えると単純に自分が今まで預けてきたお金を一部返してもらうというような発想ができるため、審査自体が必要ないとも言えます。

更にいうと、契約者貸付制度は金融機関が絡む問題ではないので信用情報にも影響ありません。


万が一入院・手術になっても安心

最後に、契約者貸付制度では例え借入している最中に入院や手術となっても、受け取る給付金の金額に変わりはありません。これによって利用者の借入中のリスクはある程度担保されているといえます。


カードローンの2つのメリット

カードローンでは2つのメリットについて解説します。

世間の認知度も契約者貸付制度よりカードローンの方が高い現実を考えると、そのメリットは利用者にとって満足いく内容になっています。


無担保・無保証

カードローンが他のローンと比べて勝る点の1つに無担保・無保証が挙げられます。

通常、銀行などから借りる際には保証人などが必要となりますが、カードローンには必要ありません。

そのため借りたくても事情があって周りに相談できない方も安心して借りることができます。

即日融資

カードローンは最短で即日融資が可能です。

どうしても今すぐお金が必要だというときに大変便利なサービスです。

また、ATMでも借入や返済が可能となっている場合が多いのでちょっと遠出したとしてもわざわざ指定の場所まで借りに戻るといった面倒がありません。

即日融資のカードローンをお探しの方はこちらのサイトが参考になります。

参考:https://xn--nwqw4ab9bx38a.ws/


あなたはどっち!?タイプ別おすすめ借入方法

ここまで契約者貸付制度とカードローンの特徴とメリットについて解説してきました。

両者ともにメリットがあるため、どっちを選んだらいいかわからないという方のために、具体的なタイプ別おすすめ借入方法をご案内します。

契約者貸付制度 カードローン
生命保険に加入していない場合 ×
審査に不安がある場合 ×
金利を抑えたい場合 ×
借入までのスピードを重視する場合 ×
信用情報に傷をつけたくない場合 ×


主に押さえておきたいのは「金利」「審査」「信用情報」この辺を重視に考えるのであれば契約者貸付制度が良く、「利便性」「スピード」を重視する場合はカードローンがおすすめできるという点です。

特にそもそも生命保険などに加入していないという方はカードローンしか選択肢が無いといえます。

あくまでも契約者貸付制度は解約返戻金の一部を前借することなので、加入していなかったら当然借り入れることは不可能になります。


契約者貸付制度とカードローンのデメリットについて

次に契約者貸付制度とカードローンにおけるデメリットについて解説します。

それぞれ代表的なデメリットを1つ挙げるとすると、契約者貸付制度のデメリットは低金利だが複利だということ、そしてカードローンのデメリットは他のローンに影響を及ぼすという事です。

契約者貸付制度の複利に関して解説すると、1年ごとに未払いの利息がある場合、翌年は元金+未払利息に金利がかかります。この年も未払いの利息があれば元金+未払利息+未払利息に金利がかかります。

このように返済しなければ雪だるま式に返済額が増えていく仕組みのことを複利と言います。具体的な数字で表しましょう。

金利5%で10万円借入、まったく返済しなかった場合1年間で発生する利息は10万円×5%=5,000円です。

翌年も同じように全く返済しなかった場合は、{10万円+1年目の利息(5,000円)}×5%=5,250円となります。

1年目の利息は5,000円なのに対し、2年目は5,250円と250円増えています。これがずっと続くと支払う金額がどんどん増えていくのがわかりますよね。これが複利の仕組みになります。

複利に関して以下のサイトを参考にさせて頂きました。単利に関しても解説しているので参考になります。

参考:みんなのおかねドットコム

ではカードローンのデメリットで、他のローンに影響を及ぼすとはどういう事でしょうか。これは例えば住宅を建てたり、新しく車を購入したりするときに、過去の借入履歴を調べられて場合によっては借りることができなくなるということです。

両者ともにデメリットがあるのでメリットと比較して自身が有利になるような計画を立てると良いでしょう。

契約者貸付制度とカードローンの比較まとめ

ではこれまでの契約者貸付制度とカードローンに関する比較についてまとめます。

契約者貸付制度は生命保険の解約返戻金の範囲内でお金を借りることができる制度であり、最大のメリットは何と言っても低金利であるということです。

しかし解約返戻金を基に借り入れるので、そもそも加入したばかりの場合は借りることすら難しいといったことが起こります。

一方カードローンは審査さえ通れば、その手軽さや借入スピード的にかなり優れているサービスです。

しかしきちんと計画を立てて返済しないと他のローンに影響がでるので要注意といったところでしょうか。

両者を自身のライフスタイルに合わせて選べば充実した生活を送れることは間違いないので、まずは自身のライフスタイルの見直しから始めてみてはいかがでしょうか。



関連記事