無審査でキャッシングが不可能な3つの理由

「審査無しでキャッシングできるところってあるのかな?」

「審査が通るか不安」「多重債務で審査に通らない」
このような理由で審査無しのキャッシング業者を探している方は多くいらっしゃいます。

でもちょっと待った!実は審査無しの業者は100%闇金業者であることをご存知ですか?法律上、審査無しのキャッシングは禁止されているのです。

それでもなんとか審査を通過して、お金を借りなければならないあなたに朗報。

当サイトでキャッシング業者を徹底調査した結果、審査無しの業者はありませんでしたが、審査を通過しやすい業者はあることが判明しました。

今回は、そんな正規の業者をご紹介。ここを見て頂けば「確実にキャッシングできるところはどこ?」といったあなたのニーズを満たすことが可能です。

それではさっそく見ていきましょう!


キャッシングを行うための審査とは

「さっそく業者をご紹介!」したいのは山々ですが、その前にキャッシングする上での審査について詳しく知っておきましょう。

こちらを知っておくことで、審査なしのキャッシング業者というのが存在しないことが分かって頂けるとともに、騙されることもなくなるかと思います。

まず、キャッシングを行う上での審査とは実際にはどんなことを審査しているのでしょうか?

答えは、安定した収入があるのか、キャッシングで借りたお金を返済する能力がちゃんとあるのかを判断するということです。

審査基準としては以下の点が重視されます。

〔信用情報〕


信用情報とは、私たち消費者のクレジットカードやローンなどの利用履歴のこと。

もしすでに借り入れがあったり、携帯電話の支払いの延滞があったりする場合、その情報は信用情報機関に登録されます。

もし、新たに他社で借り入れを希望した場合、その延滞情報が共有され、審査に通る可能性というのは低くなります。

なので、いくつもの会社にまとめて申し込みをしない方が、審査の通過率は高くなります。

〔年収・勤続年数〕


返済の能力を、金融機関ではスコアリングしています。年収や勤続年数・勤務先の規模・雇用形態を基準に、返済能力の高い順にその点数は高い点数が割り振られます。

この点数が基準を満たしていない場合、審査の通過は難しくなります。

こちらに関しては、特に勤続年数が長い方が有利になるので、掛け持ちでフリーターをしている場合は勤続年数の長い方のアルバイトを申告しておくことをおすすめします。

正社員に比べてフリーターは点数が低くはなりますが、それだけでカードローンの審査を通らないということはありません。

〔総量規制〕


消費者金融などの貸金業者が個人にお金を貸す場合に、貸金業者からの総借入残高が借り手の年収の3分の1を超えてはいけないという、貸金業法という法律で定められた規制が「総量規制」です。

すでに別の金融機関で借り入れがあって、それがすでに年収の3分の1を超えている、または3分の1に近くなっている人はカードローンの審査に通る可能性は低くなります。


本当にチェックなしでキャッシングはできない?


冒頭でも述べたように、無審査でキャッシングは行える金融機関は存在しません。そのような業者は全て闇金業者です。

もし後のことを考えず、闇金業者でキャッシングをしてしまった場合、大変厳しい取り立てに合う可能性が高まります。

ドラマや漫画のように、怒鳴られたり、ドアを蹴破られたり…あり得ないような現実が降り掛かってきてしまいます。

しかも自分だけの問題ではなく、家族や知り合いにも迷惑が及ぶことも。

再三申し上げますが、無審査でキャッシングをしてくれるからと言ってリスクの高い闇金でお金を借りるのは避けましょう。


どうして審査無しで借入れができないのか?


審査基準を満たさず、返済する能力がない人にお金を貸してしまうと、延滞の可能性があるため金融機関にとってリスクも高く、損失が出てしまいます。

よって、返済が可能な人にしか、キャッシングを行わないのです。そのために「審査」が存在しているというわけです。

では、どうして無審査でキャッシングを行なうことができないのかその理由を説明していきます。

〔安定した収入が必要〕


返済能力の基準として「安定した収入」というものがあります。無職の人は返す能力がないとみなされ、もちろん融資を受けることができません。

ただし「専業主婦」については、無職とは扱いが少し違います。専業主婦の場合は、夫の収入で審査がおこなわれるため、収入が無い状態でも借入をすることが可能なのです。

しかし、融資を受けられる金融機関は限られます。基本的にはアルバイトでもパートでも収入があることが大前提となっています。

収入源がなかったら借りたお金はどこから返すのでしょうか。もちろん返すことはできませんよね。

お金を返せない人には貸さないという当たり前の論理の元、キャッシングは行われるのです。

〔遅延・延滞されては困る〕

金融機関も慈善事業でお金を貸しているわけではありません。立派なビジネスとして仕事としてお金を貸しています。

なので、遅延や延滞があるとその分、会社としての利益が得られないという事態が起こってしまうのです。

例えば他のお店でも、食事や物でも何でもサービスを提供しているのに対価としてお金が入って来なかったら、仕事は続いていかないですよね。

同じように消費者金融も運営されています。そのため、無審査で返済する能力のない人にキャッシングしてしまうと、会社が潰れてしまうリスクを背負うことになってしまうということです。

〔法律で決まっている〕


融資されたお金をどの程度返せるのか、返済能力を判断する基準はいくつかあります。そのひとつが「総量規制」です。

総量規制とは借入の金額が借り手の年収の3分の1を超えてはいけないという、貸金業法という法律で定められた規制。

この3分の1を越えてしまうとどうなるのかということです。「総理府の家計調査」を元に、金融庁が計算して算出されたものが3分の1という数字です。

たとえ貧しい家庭でも無理なく返せる範囲という条件で計算した結果が「年収の3分の1」だったというわけですね。

3分の1以上借りてしまうと、無理をしなければ返せない、または返せないなど、返せる見込みが減ってしまうリスクが高まります。

したがって、規制が存在しています。これは「借りる側が3分の1しか借りられない」のではなく「貸す側が3分の1までしか貸せない」というのが法律で決まっているというわけです。


成約率の高いカードローン会社

ここまで審査について説明してきました。

お待ちかね、審査の通りやすい会社のご紹介です。ここでは、大手の成約率の高い会社を紹介していきます。

〔プロミス〕

プロミスの成約率は42~45%前後です。24時間365日いつでも申込み、借入、返済が可能なのがプロミスの特徴です。

ネット環境さえあれば借りるのも、返すのも契約機や店舗へ赴く必要はありません。審査時の必要書類の提出もメールでも可能なので手間も少なく借り入れすることが可能です。

学生、パート・アルバイトにもカードローンを推進しているのでフリーターでも安心してお申込みが可能です。

〔アコム〕

アコムの成約率は45~49%前後。即日融資にも対応していて、審査スピードは最短で30分で審査を行うことが出来ます。

平日14:00までに必要書類を提出できる人は、申込み日当日の振込融資も可能です。申し込み前に3秒診断で融資ができるかどうかを調べてから申込むことができるため、利便性も抜群です。


まとめ


いかがでしたでしょうか。

無審査のキャッシング業者がいかに危険かと、審査通過しやすい業者について説明させて頂きました。

キャッシングは返済のことを考えて計画的に行なうことが前提となります。そのために審査が存在し、審査があることで借りる側も「しっかりと返済をしないと」という意識になるのです。

無審査でのキャッシングや、クレジットカードの現金化など一定の基準のないものにはそれなりのリスクが伴います。

お金を借りることのストレスやリスクは、想像以上に自分へ重くのしかかってくることを忘れてはいけません。

安心して利用できるように大手の金融機関を選んでしっかりと計画的に利用するように心がけましょう。

関連記事