キャッシングの審査を徹底解説!~項目から在籍確認まで~

キャッシングの審査で何を見られるのか、ご存知ですか?

必要な時にすぐ現金を用意できる便利なサービスである、キャッシング。

しかし、キャッシングを利用するには事前に審査に通ることが必要です。

結果を受け取るまでは、誰でも通過するか不安になるでしょう。

ただ、審査の項目に関しては意外と知られていません。

実は事前に審査項目を把握して、日頃から気をつけていれば、通過しやすくすることは可能なんです。

そこで、私自身が確実に通過できるよう、徹底的に調べた結果から、今回はキャッシングの審査について解説していきます。

こちらをご覧いただければ、キャッシングの審査項目から在籍確認まで網羅してお分かり頂けます。

それではさっそく、キャッシングの審査項目からみていきましょう。


まずはキャッシング審査の基本項目をチェック

そもそもキャッシングでの審査は、申込者に返済能力があるかどうかを調べるために行われています。そこで、こちらでは実際にキャッシングを申込んだ時に実際に審査される項目を見ていきましょう。

キャッシングの審査は、キャッシング業者と提携している保証会社によって行われています。

それぞれの保証会社が審査する内容を公表しているケースはほとんどありません。

ただ、多くの保証会社は自動スコアリングシステムというシステムを使用し、個人情報をスコアで表示することで、融資可能か、融資不可能かを決定しています。

そこで、審査される内容は、基本的に申し込んだ際の個人情報から読み取ることができます。

審査内容は大きく分けると4つあります。

・基本情報
・自宅情報
・勤め先情報
・他社借入

この4つの中でさらに審査項目が細分化されていますので、順番にご紹介していきます。

・基本情報
こちらでは、個人の基本情報が審査項目となります。氏名や生年月日、性別、既婚か未婚か、また、メールアドレスを保持しているかなども審査項目になります。

保証会社によっては、国籍や最終学歴を聞かれる場合もあります。

・住宅情報
住宅情報では、住所、電話番号、住居の種類(持ち家、借家、社宅など)、入居年数、住居負担額、家族人数が審査項目になっています。

ただし、この項目のうち、電話番号に関しては、固定電話を持っている人が少なくなっていることから、重要度がさがっています。

住居の種類に関しては、持ち家の場合経済的資産を持っていると判断されるため、評価が高くなります。

入居年数も長いほど評価が高くなります。

・勤め先情報
キャッシング審査ではお勤め先の情報も審査対象になります。具体的には、会社名や所属部署、勤務先の住所や社員数、事業内容、入社年月、雇用形態、職種、収入、給料日、保険証の種類、保険証の区分、休日などです。

こちらがキャッシングの審査で最も厳しく審査されています。

やはり勤め先は一部上場企業や公務員などですと評価が高くなり、勤続年数も長ければ長いほど高く評価してもらえます。

保険証に関しては、社会保険、組合保険、共済保険の方が、国民保険よりも評価が高くなります。

また、区分は本人か扶養者かというところが審査項目です。

・他社借入
他社の借入状況については注意が必要です。いくら他の審査項目で評価が高くても、審査に落ちる場合があります。

それがどんな場合かというと、総量規制の対象になっている場合です。

基本的にどんなキャッシング業者であれ、融資は貸金業法に基づいて融資を行っています。貸金業法には総量規制という項目あり、年収の3分の1を超える額の融資はしてはいけないと決められています。

総量規制は複数のキャッシング業者から借り入れがある場合にも適用され、年収の3分の1を超える借り入れがある場合には、違うキャッシング業者からでも新たな借り入れはできません。

ここまでは、キャッシングの審査について、どんな項目が審査対象になっているのかを確認してきました。審査項目は意外と知られていませんが、細かく見られていることがお分かりいただけたと思います。

この審査項目はどんなキャッシング業者から借り入れをしようとする場合でも変わりません。つまり、審査項目が少なくて審査が甘いといったキャッシング業者はないと考えておくことが大切です。

ただし、審査項目は同じでも、審査に通りやすいと言われる業者はあります。

次は、審査に通りやすいと言われる業者をみていきましょう。

先ほど、審査項目はどんなキャッシング業者でも同じだと説明しました。

なぜ同じようになるのかというと、自動スコアリングシステムというシステムを利用しているからです。

この自動スコアリングシステムは、審査項目を自動で数値化するシステムで、数値によって融資可能なのか不可能なのかが決められます。

審査の順番としては、自動スコアリングシステムで融資可能となったあと在籍確認が行われて、はれて融資を受けられるようになります。

つまり、審査項目と在籍確認はどんなキャッシング業者も大差がないのです。

どこで審査に通りやすい、通りにくいといった差が出てくるのかというと、自動スコアリングシステムで数値化した数値の通過基準が高いか低いかです。

自動スコアリングシステムで数値化した後の基準はキャッシング業者によって差が大きく出てくる部分です。審査に通りやすい業者というのは、融資可能とみなす数値が低い可能性があります。

キャッシングしやすい業者って?

中小キャッシング業者の多くの場合、大手のキャッシング業者で審査に落ちた場合でも、融資可能と判断することがあります。

中小キャッシング業者は、大手に対抗するためにも数値が低い場合でも融資可能としているのです。

では、そんな審査に通りやすい、キャッシング業者とはどこでしょうか。

今回は、審査に通りやすいと言われている業者を3社ご紹介します。

〈ライフティ〉
24時間365日申込ができて手軽なライフティ、初めての利用の場合のみ35日間無利息サービスがあることも魅力の1つです。
金利は8.0~20.0%です。

〈セントラル〉
昭和48年創業で実績と信頼のあるセントラル。最近になり、30日間無利息サービスが始まり、さらに利用しやすくなりました。
金利は4.80~18.0%です。

〈フクホー〉
借り換えローンも用意されているフクホー。こちらも昭和42年創業で実績十分。安心して利用できます。
金利は7.30~20.0%です。

以上が、審査に通りやすいといわれるキャッシング業者です。ただし、注意点が1つあります。審査に通りやすいと言われる業者は金利が高いことが多いです。

こちらでご紹介した3社も基本的には上限金利が設定されることは多いので、金利分をなるべく払わないようにするためも、早めの返済を心がけましょう。

また、上記の3社は必ず電話での在籍確認が行われます。キャッシング業者もプロですから、在籍確認だとばれないようにはしてくれますが、やはり職場に電話がかかってくるのは不安ですよね?

そこで、次は在籍確認なしで利用できるキャッシング業者をご紹介していきます。

審査で在籍確認がないのはココ!

最後にご紹介するのは、キャッシング業者の中でも、在籍確認がない業者です。

従来キャッシングをする場合には、職場に電話がかかってきて、在籍を確認されるのが一般的でした。しかし、最近では電話による在籍確認なしでキャッシングができる業者があります。

この場合も在籍確認自体がないわけではありません。

電話での在籍確認がない場合でも、収入を証明するもの代わりに提出する必要があります。

どうしても職場に電話をかけられるのが不安だという方は、電話での在籍確認をしなくてもキャッシングできる業者を選ぶようにしましょう。

今回こちらでご紹介する3つのキャッシング業者はどこも電話以外での在籍確認をしてくれる業者ですので、ぜひご参考になさってください。

〈モビット〉
大手消費者金融の中でも申込から融資までの時間が短いことで知られるモビットは、電話による在籍確認を行いません。全てWEBで完結するので便利です。

〈アイフル〉
こちらも大手消費者金融のアイフル。キャッシング業者を代表するといっても過言ではありません。アイフルでは、「電話での在籍確認を希望しない」と申込みした場合のみ、電話以外の方法での在籍確認に応じています。

電話による在籍確認が嫌な場合は、申込時にその旨を伝えるようにしましょう。

〈プロミス〉
こちらも大手消費者金融。WEB完結できるキャッシング業者です。収入証明書類を提出することで、在籍確認としているため、電話による在籍確認を受けずに、キャッシングできます。


まとめ

いかがでしたか?

審査に通りやすい業者は中小消費者金融が中心ですが、電話による在籍確認を受けなくていいのは圧倒的に大手消費者金融が多いことがお分かりいただけたと思います。

キャッシングを利用したいと思った時に、まず気になるのはキャッシングの審査でしょう。今回お伝えした情報が少しでもあなたのキャッシング業者の選定に役立っていれば幸いです。


関連記事